相続税の取得費加算について

続税の取得費加算とは、相続により取得した不動産等を売却した場合には、不動産譲渡税が軽減される特例のことです。

相続により多額の財産を取得すると相続税がかかりますが、 今度は相続税を納めるために遺産を処分すると、不動産譲渡税がかかります。

つまり、税金を払うために財産を換金したらまた税金がかかってしまうということです。

そこでこのような不合理を是正するために、相続により取得した財産を売却した場合には、譲渡税を軽減する特例が設けられたのです

譲渡税は不動産だけでなく他の資産の譲渡でも利益が発生すればかかりますが、不動産の事例がもっとも多いため説明をわかりやすくするために不動産と記載しています。


計算式について

相続により取得した財産を譲渡する場合には、その譲渡利益から、下記の算式により計算した金額を控除します。

控除できる金額=その者の相続税額×その者が相続した土地の評価額÷その者の相続税の課税価格

たとえば1億円の遺産(土地8000万円と建物2000万円)を相続した人が、相続税3000万円を納めるために遺産の土地を売却する場合には、 下記の算式により2400万円を土地の譲渡利益から控除できる、というわけです。

控除できる相続税額=3千万円×8千万円/1億円=2400万円


利用できる期限について

相続税の取得費加算が利用できる期限は、相続税の申告期限から3年以内とされています。

この3年という期間内に不動産を売却すれば、譲渡税が節税できます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ