相続税の税率について

続税の税率は、 基礎控除の金額を超えた部分に応じて税率が決められています。

そして基礎控除の金額を超えた部分が多ければ多いほど、 税率がどんどん高くなり、 たくさんの相続税を払わなければならない仕組みになっています。

基礎控除を超えた金額相続税率税金控除額
1000万円以下10%
3000万円以下15%50万円
5000万円以下20%200万円
1億円以下30%700万円
2億円以下40%1700万円
3億円以下45%2700万円
6億円以下50%4200万円
6億円超55%7200万円

税率は、上記の表の用になっています。


相続税の計算をするときに、多くの方がしてしまう間違いとして

「相続財産の総額から基礎控除を差し引いた分に相続税率をかける」

というものがあります。

これは、間違った計算方法ですから、気をつけてください。

例えば相続財産から基礎控除を引いた額が3200万円だったとしたら、その3200万円にそのまま相続税率20%をかけ算する人がいますが、これは間違いです。

3200万円×相続税率20%-200万円=440万円←これは間違った相続税額

正しい計算方法は、基礎控除を超えた金額をいったん法定相続分に分割し、もう一度合計しなおすのです。

①相続財産の合計を計算する
②相続財産の合計から、基礎控除を引く
③②の金額を法定相続で分割し、各自の相続税率をかけて各自の税額を算出する
④全員の税額を合計する。
⑤算出された税額を、受け取った相続財産の割合に分けて、各自の税額が決定する


相続税額は、上記のような方法で計算してください。

例えば相続財産が8000万円で相続人は妻1人、子供は長男と長女だったとします。

①相続財産は8000万円

②相続財産8000万円-(基礎控除3000万円+3人×600万円)=3200万円

③妻の法定相続3200万円×2分の1=1600万円
1600万円×相続税率15%-50万円=190万円

③長男の法定相続3200万円×4分の1=800万円
800万円×相続税率10%=80万円

③長女の法定相続3200万円×4分の1=800万円
800万円×相続税率10%=80万円

④190万円+80万円+80万円=350万円←これが正しい相続税額

⑤350万円を、各相続人が受け取った相続財産の割合に応じて支払う。

相続税額は、上記のような手順で計算してください。


平成27年1月1日以前に死亡した場合の相続税の税率

相続税は平成27年1月1日より増税となっています。

改正前の、平成26年12月31日までの死亡による相続税の税率は、以下のようでした。

基礎控除を超えた金額相続税率税金控除額
1000万円以下10%
3000万円以下15%50万円
5000万円以下20%200万円
1億円以下30%700万円
3億円以下40%1700万円
3億円超50%4700万円
スポンサードリンク

このページの先頭へ