相続税の2割加算とは

続税は、支払う人が一親等の血族及び配偶者以外である場合には、 各人の算出相続税額にその20%相当額を加算します。

これを「相続税の2割加算」といいます。

相続税が2割加算される趣旨は、孫が財産を取得すると相続税を1回免れることや、相続人でない人が財産を取得するのは偶然性が高いことなどから、 相続税の負担調整を図る目的で加算を行うものであるとされています。

相続税の2割加算の計算方法は、その相続人が実際に支払う金額に1.2をかけた金額が支払額となります。


相続税が2割加算される人

相続税が2割加算される人は、主に次のような人です。

  • 兄弟姉妹の相続人
  • 祖父祖母の相続人
  • 遺言等で血のつながりがなく財産をもらう人
  • 遺言等で財産をもらう孫

このような人が相続税を支払うことになる場合、相続税は2割加算となります。


代襲相続の孫は2割加算されない

代襲相続によって、子ではなく孫が相続人となる場合があります。

代襲相続とは、相続人となるべき子が親より先に死亡している場合、親の相続人は子に代わって孫となる、というものです。

これは孫が、子になりかわって相続人となるということです。

したがってこの場合は孫として相続しているのではなく、子として相続しているのですから、相続税の2割加算は適用されません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ