相続税の計算方法について

続税の計算方法は、相続財産の総額から基礎控除を差し引いた分を法定相続分に分割し、 それぞれの金額に応じて算出し、その合計金額を納税額の総額とし、実際の相続額の割合に応じ、 各相続人に納税義務を課す、というものです。

よくある間違いというのは、相続財産の総額から基礎控除を差し引いた分に相続税率をかける、というものです。

これは、正しい相続税の計算方法ではありません。

相続税の計算は、基礎控除を超えた金額を法定相続分に分割し、もう一度合計しなおさなけれなならないのです。

  • ①相続財産の総額を計算する
  • ②相続財産の総額から、基礎控除分を差し引く
  • ③②の金額を法定相続分に分割し、各自の相続税率をかける
  • ④相続人全員の相続税額を合計する。
  • ⑤相続税額を、受け取った相続財産割合に分ける

このような手順で計算しなければなりません。


計算の具体例

相続財産が9600万円で、相続人が妻1人と子供2人だったとします。

この場合、基礎控除額は3000万円+3人×600万円=4800万円となります。

したがって9600万円-4800万円=4800万円が課税対象となる相続財産です。

この4800万円を、それぞれの相続人の法定相続分に分割します。

  • 妻=4800万円×2分の1=2400万円
  • 子=4800万円×4分の1=1200万円
  • 子=4800万円×4分の1=1200万円

そしてそれぞれの金額に、相続税の税率を掛け算します。

  • 妻=2400万円×15%-50万円=310万円
  • 子=1200万円×15%-50万円=130万円
  • 子=1200万円×15%-50万円=130万円

よって相続税の合計納税額は310万円+130万円+130万円=570万円となります。

そしてこの570万円を、相続した財産の割合で分割して、各自の相続税の納税額が確定します。

もし長男が一人で全財産を相続したのであれば、長男が一人で570万円を納税することになります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ