有限会社を相続するには

限会社とは、有限責任社員のみが出資してできた会社のことです。

そして出資した金額に応じて「社員権」という権利を有します。

この「社員権」は有価証券のように取引できるものとして発行することは認められていません。

有限責任社員とは、出資した金額の範囲内で責任を負う、ということです。

そして有限会社を相続するということは、亡くなった人が所有していた社員権という「持ち分」を相続するということです。

有限会社そのものを、相続しているわけではありません。


被相続人が有限会社の社長をしていた場合

被相続人が会社経営をしていたような場合には、相続財産としては「出資」のみであり、会社所有の財産は被相続人の財産ではありません。

よって相続手続きとしては、出資持ち分の名義書き換えということになります。

(もちろん有限会社名義ではなく個人名義の相続財産があれば、個別に相続手続きが必要になります。

そして出資持ち分の価値がどれくらいあるかについては、実質価額を自分で計算することになります。

その評価方法は大・中・小の会社規模によって区分され、原則として大会社に該当する株式は類似業種比準価額方式で、 小会社に該当する株式は純資産価額方式で、さらに中会社に該当する株式は、類似業種比準価額方式と純資産価額方式とを併用して評価することになります。

この計算についてはとても難しいため、相続税が発生するような資産規模がある場合は、税理士に依頼するのが一般的です。


有限会社の持ち分は当然に受け取れるのか

有限会社の持ち分というのは、簡単には他人に譲渡できないようになっています。

なぜならば小さな会社が身内だけで小回りよく運営していくための仕組みですから、安易に部外者は経営に参画できないようになっているのです。

そして相続によって有限会社の持ち分は誰でも取得できるのかについては、相続であれば基本的に誰でも取得できます。

遺言によってまったく知らない法定相続人でもない人に持ち分が相続された場合、その人は有限会社の持ち分を取得できます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ