遺言書の作成費用について

言書の作成費用は、公正証書で作成しなければ、費用はかからず無料で作成することができます。

公正証書で遺言を作成する場合は、政府が決めた公証人手数料令により、法律行為の目的価格に従って費用が発生します。

相続財産の価格が高くなればなるほど、公正証書遺言の費用は高くなる仕組みです。


公正証書遺言の作成費用

公正証書遺言を作成する場合は、公証人への手数料として以下の費用がかかります。

目的の価額 手 数 料
  100万円まで  5,000円
  200万円まで  7,000円
  500万円まで 11,000円
1,000万円まで 17,000円
3,000万円まで 23,000円
5,000万円まで 29,000円
    1億円まで 43,000円
 3億円まで、5,000万円ごとに13,000円加算
10億円まで、5,000万円ごとに11,000円加算
10億円超は、5,000万円ごとに 8,000円加算

専門家に依頼した場合の費用

自筆証書遺言は、自分で作成すれば無料で作成することができます。

それでも、自筆証書遺言の作成を専門家に依頼して確実な遺言にする、という方法もあります。

自筆証書遺言の作成を専門家に依頼すると、数万円の手数料がかかります。

自筆証書遺言は自分で書かなければいけないため、文案だけを専門家に作成してもらうことになります。

自筆証書遺言の作成を専門家に依頼すれば、遺言書の保管から遺言執行者まで引き受けてくれるため、確実に遺言が実現されるでしょう。

ただし遺言の保管料や、遺言執行費用は別途かかることになります。


キットなどで遺言書を作成する場合

最近は本屋で「遺言キット」というようなものが発売されています。

この遺言キットにしたがって遺言を作成すれば、法律の条件を満たした遺言書が作成できるでしょう。

遺言キットは、1600円前後で販売されています。

費用をなるべくかけずに遺言書を作ってみたいという方は、検討してみてもよいかと思います。

ただし遺言は執行されて初めて実現されるものですから、遺言を確実に執行したいのであれば、 あらかじめ専門家に遺言執行者を依頼しておき、その方に遺言書を保管してもらうとよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ