遺言の書き方について

言の書き方を検討する場合、まず3種類ある遺言のうちどれを選ぶかを決めなければなりません。

遺言には、次の3種類があります。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

それぞれの遺言には書き方に違いがありますので、各遺言の書き方を比較しながら、どの遺言方式を選択するか決めましょう。


3種類の遺言の書き方の特徴

自筆証書遺言の書き方

・全文を自筆で書くこと

・縦書き、横書きは自由で、用紙の制限はありません。筆記具もボールペン、万年筆など何を使用しても構いません。

・日付、氏名も自筆で記入すること。

・捺印は認印や拇印でも構いませんが実印が好ましいでしょう。

・加除訂正する時は、訂正個所を明確にし、その個所に捺印の上署名すること。


公正証書遺言の書き方

・証人2人以上の立会いのもと公証人役場へ出向くこと。

・遺言者が遺言の内容を公証人に口述すること。

(聴覚・言語機能障害者は、手話通訳による申述、または筆談により口授に代えることができます。)

・公証人がその口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させること。

・遺言者および証人が筆記の正確なことを承認したうえで、各自が署名捺印すること。

・公証人がその証書を法律に定める手続きに従って作成されたものである旨を付記して、これに署名捺印すること。


秘密証書遺言の書き方

・縦書き、横書きは自由で、用紙の制限はありません。筆記具もボールペン、万年筆など何を使用しても構いません。

・ワープロによる記入でも大丈夫です。

・最後の署名だけは自書し、押印する。

・遺言書を大き目の封筒(B5ぐらいの大きさ)に入れて、遺言書に押印した印鑑で封印する。

・証人2人以上の立会いのもと公証人役場へ出向くこと。

・秘密証書遺言を入れた封書を公証人に提出する

・公証人、遺言者、証人二人がそれぞれ署名し押印する

・秘密証書遺言の現物は、遺言者が持ち帰り、推定相続人、受遺者、信頼のおける友人、遺言執行者などに預けておくか、自分で保管する


遺言の文章例

妻に全財産を相続させる遺言の文例

遺言書
 私、遺言者 加藤太郎は次の通り遺言する。

第1条
私が有する財産の全部を妻である加藤京子(昭和○○年○月○日生)に
相続させる。

第2条
次の者を遺言執行者に指定する
住所 ○○県○○市○○町○丁目○番地
氏名 斎藤 二郎

                  平成○○年○月○日
   神奈川県横浜市神奈川区○丁目○番○号
               遺言者 加藤 太郎 

スポンサードリンク

このページの先頭へ