相続税で養子を相続人に加える制限について

相続人の人数が増えれば増えるほど、 金額が増えるようになっています。

この場合、亡くなる人が生前にたくさんの方と養子縁組をして、 子供の数を増やしてしまえば基礎控除の金額が増え、 相続税の支払いが少なくなります。

そこで基礎控除の金額を計算する時には、 養子を相続人の数として数える事に対して、 次のような制限が加えられるようになりました。

・亡くなった人に実の子供がいる場合

この場合の法定相続人の数に含められる養子の数は一人まで

・亡くなった人に実の子供がいない場合

この場合の法定相続人の数に含められる養子の数は全部で二人まで

ただし養子といっても、次の四つのいずれかに当てはまる人は、 実の子供として取り扱われることが認められています。

・亡くなった人との特別養子縁組により被相続人の養子となっている人

・亡くなった人の配偶者の実の子供で被相続人の養子となっている人

・亡くなった人と配偶者の結婚前に特別養子縁組により その配偶者の養子となっていた人で、 亡くなった人と配偶者の結婚後に亡くなった人の養子となった人

・亡くなった人の実の子供、養子又は子供や孫が既に死亡しているか、 相続権を失ったため、その子供などに代わって相続人となった子供や孫。

上記に該当する養子の方は、養子であっても相続税上は実子として扱われます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ