遺産分割審判について

産分割審判とは、遺産分割調停が不成立に終わった場合に、 家事審判官が遺産分割を決めてしまうことです。

遺産分割調停で何回も話し合いをしても、話し合いがまとまらないことがあります。

このような場合はどんなに遺産分割調停の話し合いを重ねても労力の無駄となるため、話し合いは終了となります。

そして遺産分割調停の話し合いが終了となることを「遺産分割調停の不成立」といいます。

遺産分割調停が不成立になりそうな場合、その時点で遺産分割調停を取り下げるか、遺産分割調停を不成立として審判へ移行させるかを選択できます。

そして遺産分割調停を不成立として審判へ移行させた場合に、家事審判官による遺産分割審判が開始されます。


実施方法

審判の申立先は、相続開始地すなわち被相続人の最後の住所地の家庭裁判所の管轄とされています。

ただし、遺産分割調停の不成立によって審判に移行する場合は、通常、遺産分割調停をしていた家庭裁判所が審判手続きを受けています。

遺産分割審判は話し合いではなく、家事審判官(裁判官)が職権で事実の調査および証拠調べを行い、当事者の希望なども考慮のうえで、分割の審判が下されます。

現実の遺産分割審判でもっとも重要なものは、相続人当事者に対する聞き取りです。

家事審判官(裁判官)が職権で事実の調査および証拠調べを行うとされていますが、家庭裁判所の独自調査で綿密に状況を把握することは難しいのです。

そのため、相続人当事者に対する聞き取りは、審判にもっとも重要な影響を与えます。


法定相続分通りの審判が多い

審判の結論は、法定相続分通りの分割となることがよくあります。

そもそも各相続人には、法律で保証された法定相続分というものがあります。

この法定相続分というのは、よほどの理由がない限り、削られていいものではないからです。

法定相続分は法律で保証された権利であり、これをいたずらに変更すると、法の下の平等に反してしまいます。

そのため遺産分割審判は、法定相続分通りになることが多いのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ