遺産分割調停の管轄はどこかについて

産分割停の管轄(かんかつ)とは、 遺産分割調停をどこの家庭裁判所で行うかを決めたルールのことです。

遺産調停調停の管轄は基本的に、 話し合いをしたいと思う相手の住所地に近い家庭裁判所となります。

なぜなら家事調停をしたいと思っている人が、 自分の都合で相手を自分の住所の近くの家庭裁判所まで呼びつけることは、 相手にとって失礼であり、相手の気分を害するからです。


管轄と管轄合意書について

遺産分割調停は、相手方の住所地の家庭裁判所、または当事者の合意により決めた家庭裁判所で行われます。

遺産分割調停調停をしたいと思う全員が合意して、 どこかの家庭裁判所を指定するのであれば、 誰も気分を害することはありませんので、どこの家庭裁判所で遺産分割調停をしても問題ありません。

そのような場合は、下記のような管轄合意書を作成して、家庭裁判所の場所を変更します。

管轄合意書サンプル



         管轄合意書

                   平成○年○月○日

東京家庭裁判所 御中

               申立人    A  印
               相手方    B  印

事件の表示 平成○年(家イ)第○号 遺産分割調停申立事件

住所   東京都・・・
申立人   A

住所   大阪府・・・
相手方   B

上記当事者は、次のとおり管轄の合意をします。

合意で定める家庭裁判所  ○○○○○○家庭裁判所

スポンサードリンク

このページの先頭へ