直系尊属の相続とは

系尊属とは、亡くなった人の血のつながった「父母」「祖父母」などのことをいいます。

ここでいう「父母」とは、養子縁組をした養父養母も含みます。

父母と祖父母は、同時に相続人になることはありません。

父母よりも祖父母のほうが血のつながりが遠いため、父母が存在しないときにのみ祖父母が相続人となります。

父母が存在しないとは、

  • 父母がすでに2人とも死亡している
  • 父母がすでに2人とも欠格排除によって相続権を失っている
  • 父母がすでに2人とも相続放棄によって相続権を失っている

という状態をいいます。

父母のうち片方だけでも生存していれば、祖父母に相続権は移動しません。

あくまで父母が2人とも相続権を失った状態であるとき、祖父母へ相続権が移動します。

第1順位の子供が相続放棄をした場合、相続権は孫に移動せず第2順位の父母へ移動します。

ところが父母が2人とも相続放棄した場合は、いきなり第3順位の兄弟姉妹へ相続権は移動せず、まず祖父母へ相続権が移動します。

第1順位の子供が相続放棄をした場合と、第2順位の父母が相続放棄では、相続権の移動の仕方が異なります。

これは相続放棄をして相続権を失っても、代襲相続では発生しないと定めれており、父母には代襲相続がないとされているためです。

ただしこの説明では、意味の分からない方が多くいらっやると思います。


代襲相続はない

民法では、直系尊属は代襲相続しないと定められています。

これについては、意味が分からないという方が多くいらっしゃいますので説明します。

そもそも代襲相続とは、その人のかわりに相続人になる、という意味です。

それでは次のようなケースを仮定してみてください。

父母のうち父だけ先に死亡し、父方の祖父祖母が生存しているとします。

もし直系尊属にも代襲相続があるとするなら、先に亡くなった父にかわって、祖父祖母が相続人になってしまいます。

しかし民法では父母が2人とも相続権を失っていないと祖父祖母に相続権が移動しないとしていますから、母と祖父祖母の3人が同時に相続人なることはありません。

したがって、直系尊属は代襲相続しない、ということになるのです。

直系尊属に代襲相続を認めないのは、相続人の人数が増えていくのを防ぐためです。

世代を上にさかのぼるということは、一人の人間に対して必ず男女2人の親がいますから、子供の代襲相続よりも人数が2倍増えていきます。

そのため相続人の人数を増やしすぎず相続関係を混乱させないために、直系親族は代襲相続しないとなっているのです。

よって直系尊属が相続放棄をすると、相続権はいきなり第3順位へは移動せず上へ上へと登っていくのです。


養父養母の父母は直系尊属となるのか

養父養母の父母も祖父祖母に見えますが、直系尊属とはされません。

そもそも養子縁組とは、血のつながりがないところに法律上の親子関係を発生させる、というものです。

そのため養父養母が法律上の親子だからといって、その養子と祖父祖母に直接の血のつながりはありません。

よって養父養母の父母にあたる祖父祖母は、直系尊属とはならないのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ