連れ子に相続する権利はあるのか

続する「権利」や「義務」のある人というのは、血のつながりを基準に判断されます。

そして、血がつながっていないのに相続人になれる唯一の人は「夫または妻(=配偶者)」だけです。

夫または妻というのはそれぞれ両親が異なりますから、血がつながっているとはいえません。

そのため相続人となれる方というのは、

  • 子供(血がつながっている)
  • 親(血がつながっている)
  • 兄弟姉妹(血がつながっている)
  • 夫または妻(血がつながっていない)

ということになります。


子連れの自分が再婚したら、自分の子供(=連れ子)は再婚相手の財産を受け取れるのか?

結論から言いますと、自分の子供(=連れ子)は再婚相手の財産を相続できません。

なぜなら、再婚相手と自分の子供(=連れ子)は血がつながっていないからです。

自分が再婚したからといって、自動的に自分の連れ子である子供に再婚相手の相続権が発生することはありません。

また子供というのは両親が離婚しても、両親の相続権というのはなくなりません。

ということは、もし血のつながっていない連れ子にも再婚によって自動的に相続権が発生するとなると、その子供は離婚や再婚による親の都合でどんどん相続権が増えていき、相続できる財産が増えることになります。

離婚や再婚による親の都合でどんどん相続できる財産が増える子供がいるということは、反対に自分の相続の取り分がどんどん減ってしまう子供がいるということです。

なぜなら相続財産全体が増えるわけではありませんから、誰かの取り分が増えれば必ず誰かの取り分が減るからです。

法律ではこのような不平等を防ぐために、離婚や再婚による親の都合で子供が相続できる財産が増えたり減ったりしないようにしたのです。

したがって自分の連れ子である子供には、再婚相手の財産を相続する権利はありませんので、注意してください。


自分の連れ子である子供に再婚相手の相続権を発生させる方法

自分の連れ子である子供に再婚相手の相続権を発生させるには、再婚相手と自分の子供を

「養子縁組」

させてください。

養子縁組をさせれば、血はつながっていなくても、血のつながっている親子と同じ扱いとなります。

そのため養子縁組をすれば、血のつながっている子供とまったく同じように財産を相続できるようになります。

血のつながっていない連れ子に相続権を発生させる方法は、養子縁組のみです

スポンサードリンク

このページの先頭へ