相続登記にかかる費用

続登記にかかる費用としては、複雑な場合と税金を除けば10万円以内で収まることが多いようです。

相続登記には、次のような費用がかかります。

  • 戸籍謄本 1通450円
  • 除籍謄本、改製原戸籍謄本 1通750円
  • 住民票 1通300円前後
  • 印鑑証明書 1通300円前後
  • 固定資産税評価証明書 1通300円前後
  • 登記事項証明書 1通700円
  • 司法書士へ依頼する場合は数万円の手数料

添付書面は相続の事案によって枚数が異なります。

それでも複雑な相続でなければ、司法書士への手数料を含めても10万円以内で収まることが多いようです(税金を除く)。

ただし不動産がいくつもの地域に分散していたり、不動産の数が多い場合は、司法書士への手数料が高くなることはあります。


登録免許税について

相続登記には必要書類の取得費用と司法書士への手数料のほかに、登録免許税という税金がかかります。

登録免許税は、相続の対象となる不動産の固定資産評価額の0.4%です。

たとえば固定資産税評価額が1000万円の土地なら、1000万円×0.4%=4万円が、登録免許税としてかかります。

よって登録免許税は、相続した土地の価値によって全員異なってくるということです。

固定資産税評価額というのは、毎年変化します。

建物の固定資産税評価額は、基本的に毎年下がります。

土地の固定資産税評価額は、年によって上がる地域もあれば下がる地域もあります。

近年の土地の固定資産税評価額は、下落傾向にあります。


依頼する司法書士の手数料

相続登記を依頼する司法書士の手数料は、司法書士によっていろいろ異なっています。

現在は司法書士の手数料も自由化されているため、司法書士によって料金体系は様々です。

相続登記の司法書士手数料を均一固定料金というところもありますが、なんら問題はないでしょう。

相続登記を司法書士に依頼するといっても、戸籍収集から相続登記まですべて依頼するのか、戸籍収集は自分でやって相続登記だけ依頼するのか、選択できる司法書士事務所もあります。

また、弁護士事務所でも相続登記を取り扱っているところもあります。

最近は相続登記の料金をわかりやすく明示するところが増えているため、依頼する側にとっても選びやすくなっています。

インターネットを通じて相続登記を依頼される場合は、料金とサービス内容をよく吟味されたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ