登記と相続の関係について

記とは、権利関係などを公示するため法務局(登記所)に備える登記簿に記載することを言います。

相続が発生した場合、家や土地の名義を相続人に書き換えなければなりません。

そして家や土地の名義は法務局に登記されているため、名義を相続人に書き換える申請をします。

このようなことを「相続登記」または「登記申請」と言います。


登記申請は義務ではない

家や土地の名義を書き換える登記申請というのは、義務ではありません。

登記申請というのは、やらなくてもペナルティは何もありません。

登記申請が義務ではない理由は「登記は第三者対抗要件」と言われているからです。

一般的に物を自分の所有物であるとするためには、実際にその物を所有して管理できる状態におけば十分です。

物に名前を書かなければ、所有権を証明できないわけではありません。

ただし家や土地などの不動産については、ずっとその場所にいて所有を証明するわけにはいきません。

外出して仕事もしなければなりませんし、出かけなければならない用事は多々あります。

そこで不動産の所有を証明すための手段として、登記というものが考え出されたのです。

登記をしておけば、ずっと家や土地を占拠していなくても、自分の不動産であると証明できるとされました。

ということは、家や土地を売ったり買ったりして自分の不動産であると証明する必要がなければ、登記をする必要はありません。

よって、登記申請は義務ではないとされました。


登記に期間の義務はない

相続が発生したことにより家や土地の所有者が変更になっても、いつまでに登記申請をしなければならないという義務はありません。

登記は第三者対抗要件ですから、他人に不動産の所有権を主張する必要がない以上、無理にやらなくてもよいからです。

しかし相続の登記申請は時間が経過すると、相続人の人数が増えたり書類の収集が困難になったりして、だんだん難しいものになっていきます。

あまりにも相続関係が複雑なると、専門家に依頼しても相続登記ができないこともあります。

そのため相続登記の申請は、できるだけ早めに済ませておいたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ