土地の相続登記とは

地の相続登記とは、相続した土地の名義を自分の名義に変更することです。

そして土地を相続するときには必ず、亡くなった人の所有している不動産の一覧を入手しましょう。

地域によっては市町村役場で「名寄帳」というものを発行してもらえます。

名寄帳とは、亡くなった人が所有している不動産を一覧表にしたものです。

もし名寄帳というものがないと言われたら、所有者ごとの資産一覧表をくださいと言ってみてください。

こうして名寄帳を入手して、相続登記の申請漏れがないようにしなければなりません。


名寄帳で申請漏れを防ぐ

名寄帳で確認をしてみると、相続人が知らない土地が出てくることはよくあります。

たとえば農地として所有していたが農業をやめてしまったような土地は、登録上は農地のままであるため固定資産税が発生していなかったりします。

そして固定資産税を支払っていないと家族も土地を所有していたという意識が薄れてしまい、完全に失念してしまっていることもあります。

また一戸建ての前の道路は、国の道路ではなく「私道」であったりすることがあります。

アスファルトできちんと舗装されていて他の一戸建ての住人も共同で通るため、「私道」であることを忘れてしまっていることがあります。

このような「私道」というのは大きな土地を4つに分割して一戸建てを建築し、それぞれの一戸建ての住人が公道に出るための道路として作られたりします。

そして私道というのは複数の住人の共同所有状態であったり、固定資産税がほとんどかからなかったりするので、存在を忘れてしまうことがよくあります。

しかし将来、私道のついている土地を売却するなら、私道部分の名義もきちんと変更されていなければなりません。

私道部分の相続登記だけを後日にやるとなると、相続人の気持ちや負担からして大変面倒なことになります。

そのたま土地の相続登記でまずなによりも重要なのは、名寄帳で被相続人の土地をもれなくすべてきちんと把握することなのです。


名寄帳で土地の評価額もわかる

名寄帳には、固定資産税評価額も掲載されているものがあります。

そのため名寄帳によって被相続人の資産の総額も把握できたら、遺産分割協議がとてもやりやすくなります。

資産の総額が一覧で明示されていたら、他の相続人も納得しやすくなるからです。

また資産価値のほとんどない土地などもありますから、そのような土地を誰が引き取って管理していくのかなども、スムーズに話が進みます。


管轄が同じなら手間はかからない

土地の相続登記の申請は、土地を管轄する法務局が同じなら、1回の申請ですべての土地の名義を相続によって変更することができます。

土地の相続登記の申請というのは、土地の数ごとに必要なのではありません。

土地を管轄する法務局が同じなら、相続登記の申請書に土地をすべて列挙しておけば、すべての土地の名義を一度に相続で変更できます。

相続した元の土地の状態が共有か単有かによって相続登記申請書の枚数は変わりますが、どちらにしても1回の申請で終えることができます。

小さな土地をひとつ記載漏れしただけで、相続登記をもう1回やるのは大変な労力がかかりますから、土地の相続登記は漏れなく1回の申請で終えるようにしましょう。

相続登記申請書の作成方法などは、HOME>相続登記とは何か、から順にご覧ください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ