土地の相続について

地を相続するということは、土地の名義を相続によって自分の名義にする、ということです。

土地の名義というのは、法務局というところに「この土地は○○さんのものである」という申請をすることによって、名義が変わります。

この法務局に申請をすることを「登記(とうき)」と言います。

そして相続によって土地の名義を書き換えることを「相続登記」といいます。


土地の相続登記はどのように行うのか

まず土地が、本当に亡くなった方の所有名義になっているのかを確認します。

確認方法は、法務局へ行って土地の証明書を取得してみてください。

土地の証明書は、誰であっても取得できます。

法務局で所定の用紙に書き込んで、土地全部事項証明申請を行ないます。

証明書の取得方法は、法務局の方が親切に教えてくれます。


相続登記に必要な書類を集めて法務局に申請する

相続登記の申請をするには、戸籍謄本、住民票、印鑑証明書が必要です。

相続の状態によって必要な戸籍謄本などは異なりますので、法務局の相談コーナーで確認するとよいでしょう。

そして相続登記の申請には、以下の申請書が必要になります。

  • 登記原因証明情報
  • 住所証明書
  • 申請書
  • 固定資産評価証明書

登記申請そのものは、時間さえあれば専門家に頼まずに自分ですることもできます。

ただし戸籍を集めたり、申請書の作成方法を法務局の相談コーナーで確認する必要がありますので、時間はかかるかもしれません。


登記申請は、義務ではない

土地を相続したからといって、相続登記をしなければならない法律上の義務はありません。

そのため土地を相続しても、相続登記はせずにずっと死者名義であっても何ら問題ありません。

しかし、登記をしなければ「自分はこの土地を相続した者である」と他人に主張できないとされています。

登記をするということは「自分がこの土地を相続した」ということを、法律的に保証してもらうのと同じことです。

したがって相続した大切な土地ですから、相続登記をして自分のものであることを法律的に確定させたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ