特別方式遺言の基礎知識

別方式遺言とは、 ゆっくりと落ち着いた状態で作る普通方式遺言が不可能な場合、 緊急に特別で作る遺言のことをいいます。

たとえば死亡が目前に迫っていたり、 船舶や飛行機が遭難した場合などに、 緊急に行う遺言のこといいます。

もし普通方式遺言が可能になって6か月間生存した場合は、 その遺言は無効となります。

特別方式遺言には、次の4つがあります。

【一般危急時遺言】

・疾病や負傷で死亡の危急が迫った人の遺言形式。

・証人3人以上の立会いが必要。

・証人のうちの1人に遺言者が遺言内容を口授する。

・遺言不適格者が主導するのは禁止。

・口授を受けた者が筆記をして、 遺言者及び他の証人に読み聞かせ、または閲覧させる。

・各証人は、筆記が正確なことを承認した後、署名・押印する。

・20日以内に家庭裁判所で確認手続を経ない場合、遺言が無効となる。

【難船危急時遺言】

・船舶や飛行機に乗っていて死亡の危急が迫った人の遺言方式。

・証人2人以上の立会いが必要。

・証人の1人に遺言者が遺言内容を口授する。

・口授を受けた者が筆記をして、他の証人が確認する。

・各証人が署名・押印する。

・遅滞なく家庭裁判所で確認手続を経る必要がある。

【一般隔絶地遺言】

・伝染病による行政処分によって交通を断たれた場所にいる人の遺言方式。

・刑務所の服役囚や災害現場の被災者もこの方式で遺言をすることが可能。

・警察官1人と証人1人の立会いが必要。

・家庭裁判所の確認は不要。

【船舶隔絶地遺言】

・船舶に乗っていて陸地から離れた人の遺言方式。

・飛行機の乗客はこの方式を選択することはできない。

・船長又は事務員1人と、証人2人以上の立会いが必要。

・家庭裁判所の確認は不要。

スポンサードリンク

このページの先頭へ