相続の特別受益とは

続の特別受益(とくべつじゅえき)とは、ある相続人だけが生前にいろんな贈与を受けていた場合、 贈与によって減ってしまった相続座員を全員で分配したのでは、 特別に贈与でもらった人だけが有利になり、 他の人の取り分が少なくなってしまいます。

これら不公平調整するための制度が 「特別受益(とくべつじゅえき)」 というものです。

特別受益ではこのような不公平を解消するために、 相続財産の総額に生前贈与や遺言の対象財産も加え、 生前贈与や遺言で財産をもらった相続人は、 その分を相続したものとして計算し、遺産分割をします

そして、特別受益を受けた者のことを特別受益者といいます。

民法上、特別受益の対象となるのは以下の3つです。

①結婚や養子縁組に起因してなされた贈与

②生計の資本として与えられた贈与

③遺言


特別受益証明書の記入用ワードファイル(テンプレート)はこちら


上記のワードファイル(テンプレート)は無料でダウンロードできますので、ご自由にお使いください。


特別受益の具体例

特別受益は以下のようなものを贈与した場合に対象となります。

・金銭(学費、生活費、事業資金の援助など)

・不動産

・車

・有価証券

など

価額は相続開始時の評価額によって計算をします。

そして、下記のようなことが特別受益に該当します。


  • ある相続人だけが不動産や車を贈与された
  • ある相続人だけが住宅取得資金の援助を受けた
  • ある相続人だけが生命保険金の受取人となっている
  • ある相続人だけが多額の借金を肩代わりして払ってもらっている
  • ある相続人だけが大学の入学金や学費などの援助を受けていた(ただし、私学の高校の入学金や学費については特別受益にはならないとされています)
  • ある相続人だけが結婚に際して支度金や持参金をもらった(結納金や挙式の費用については特別受益になりません)

相続財産の総額にこれらの生前贈与などを加えたものを 「みなし相続財産」 と言います。

もっとも相続人全員で特別受益は特に考慮しなくてよい、 という合意が得られれば、 特別受益のことは何の関係もなく遺産相続の話し合いができます。


特別受益の計算方法

① 特別受益の対象となる財産の評価額を算定する

② 相続財産に①の特別受益の評価額を加える

③ ②の合計額をもとに、各相続人の相続分を計算する

④ 特別受益を受けた相続人の相続分から特別受益分を引く

結果として特別受益を受けた相続人の相続分が、 マイナスになる場合はその相続人は、 相続により財産を受け取ることはできません。

特別受益の持戻(もちもどし)

生前贈与などを受けた相続人について、 その分を相続したものとして計算することを 「特別受益の持戻(もちもどし)」 といいます。

なお被相続人は遺言書などで 「持戻免除の意思表示」 をする事ができます。

この意思表示をすることによって、 特定の相続人が受けた特別受益が相続分から控除されない、 というようにすることもできます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ