賃借権は相続できるのか?

借権とは、一定の賃料を支払うことと引き換えに、目的物の使用、収益を行う権利のことをいいます。

建物所有目的で土地を賃借する場合の借地権、建物を賃借する場合の借家権は、借地借家法で特別な保護がされています。

そして賃借権は、相続の対象となります。

理由は、賃借権は、それ自体に目的物の使用収益権という、財産的価値があるからです。

財産的な価値のあるものは、相続することができます。

ただし賃借権は、分割することができないとされています。

そのため相続人が複数いる場合は、相続人全員が共同で相続することになります。


建物に住んでいない人でも賃借権を相続できるのか

建物を借りている場合の賃借権の相続について、その建物に住んでいない人でも賃借権を相続できるのか?という問題があります。

答えは、住んでいない人でも賃借権を相続できます。

賃借権の相続について、同居を条件とする法律は何もありませんので、問題なく相続できます。


相続人ではない内縁の妻が賃借権を相続できるのか?

過去の最高裁判所の判決で、内縁の妻に賃借権の援用を認めた判例があります。

家屋賃借人の内縁の妻は、賃借人が死亡した場合には、相続人の賃借権を援用して賃貸人に対し当該家屋に居住する権利を主張することができる」というものです。

しかしこれは正確に言うと、賃借権の相続を認めたわけではありません。

内縁の妻がいることを大家さんは了解していたのだから、夫と内縁の妻が共同で借りたようなものなので、夫が死んだからといって直ちに賃借権が終わるわけではない、という意味です。


低所得者向けの公営住宅の賃借権を相続できるのか?

低所得者向けの公営住宅の賃借権は、相続できないとされています。

なぜなら亡くなった人が低所得であるから貸してあげたのであって、相続人が低所得であるわけではありません。

したがってこのような、その人だけの特殊事情によって賃貸借が成立した場合は、相続が認められないこともあります(最高裁平成2年10月18日判決)。

スポンサードリンク

このページの先頭へ