抵当権と相続の関係とは

当権のついている土地を相続する場合、その抵当権も一緒に相続することになります。

抵当権というのは、借りたお金が返せなかった場合に、その土地は競売にかけられますという権利のことです。

そのため抵当権のついている土地を相続した場合、借りたお金を返せなかったら競売にかけられる可能性があるということです。

土地の所有者とお金を借りた人が同一人物の場合もありますし、別々の人物である場合もあります。

土地の所有者とお金を借りた人が同一人物の場合、借金の支払い義務は法定相続分に応じて相続人全員が返済義務を相続します。

遺産分割協議によって土地を相続した者がすべて支払うとしても、債権者には通用しません。

あくまで法定相続分の支払い義務を、相続人各自が背負わなければならないのです。

もちろん、土地を相続した人が借金を全額まとめて返済したのなら、他の相続人に支払い義務はありません。


抵当権を消す方法

抵当権というのは、借金を返済しても自動的には消えません。

土地の所有者が法務局に申請して、自分で抵当権を消さなければならないのです。

そのため借金を返済し終わっても、抵当権を消し忘れてずっとそのまま放置されていることがあります。

抵当権を消し忘れても土地の利用には何ら問題ないのですが、土地を売却するときなどはきれいに抵当権を消さなければなりません。

この場合は、土地を相続した人が抵当権を消すことになります。

抵当権を消す場合は、お金を返済した金融機関に対して、抵当権抹消に必要な書類を発行してもらいます。

ただし古い抵当権の場合は、金融機関が合併等により消滅していることがあり、書類収集に苦労することがあります。

このような場合は、司法書士に抵当権抹消を依頼した方がよいでしょう。

抵当権抹消は、他の相続手続きとは異なり低価格で引き受けてくれるところが多いため、依頼した方が簡単かもしれません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ