数次相続とは

次相続とは、被相続人の「遺産分割協議前」に相続人が死亡してしまった場合、その地位を相続人の法定相続人が引き継いだ状態のことをいいます。

例えば被相続人である父親が死亡し、父親の遺産について遺産分割協議を何もしていないうちに、相続人の1人である母親も死亡した場合が数次相続の状態です。

この場合の子供たちは、父親の相続人でもあると同時に、母親の相続人でもあります。

そして父親の遺産相続における遺産分割協議は、母親と子供達でしなければなりません。

しかし母親は、父親が亡くなったあとに亡くなってしまっため、父親の遺産相続の遺産分割協議は、 父親の法定相続人である子供たちと、母親の相続人でもある子供たちが母親の立場として、遺産分割協議をすることになるのです。

このように相続が二回以上重なっているので数次相続といいます。


数次相続と代襲相続の違い

数次相続とは「相続が開始したが、遺産分割協議を整える前に相続人が死亡し、新たな相続が開始する」という状態をいいます。

代襲相続とは、「生きていれば相続人だった」という地位にあった人の子供がその人に代わり相続人になる、という状態をいいます。

数次相続と代襲相続は言葉だけ聞いているととてもよく似ているのですが、実は亡くなった順番を考えれば違いはすぐにわかります。

わかりやすく言えば数次相続とは、父親が死んで次に母親が死んで、というように順番に死亡が発生したが遺産分割協議をしていない状態のことです。

これに対して代襲相続とは、父親が死んで子供が相続人となるはずが、子供は父親より先に死んでしまってすでにいないので、先に死んだ子供に代わって孫が相続人になる、というものです。

数次相続と代襲相続は、亡くなった順番の違いによるもの、ということです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ