推定相続人とは

定相続人とは、もし現状のままで相続が開始した場合に、相続権があるであろうという人のことをいいます。

相続というのは法律で定められた法定相続人であるからといって、実際に相続が発生した場合、絶対に相続人になれるわけではありません。

たとえば「相続の欠格」というものがあります。

相続の欠格とは、他の相続人を殺害しようとして自分の相続分を増やそうとしたり、遺言書を自分の有利になるように改ざんするなどしたら、 法定相続人の地位をはく奪します、というものです。

しかし相続の欠格が認定されるかどうかは、今の段階ではわからないことがあります。

ほかにも「相続の排除」というものがあります。

相続の排除とは、亡くなった人に虐待をし、もしくは重大な侮辱を加えたときは、法定相続人の地位がはく奪される、というものです。

このように相続というのは、現実に発生するまで相続権は確定しません。

したがってとりあえず、今の段階で相続権のある人のことを「推定相続人」と呼ぶようになったのです。


戸籍調査で他の相続人が出現することがある

自分の親が亡くなった時に親の戸籍を取得してみたら、親に離婚歴があることを初めて知った、というのはよくある話です。

そして親の戸籍を出生まですべてさかのぼっていたら、自分には会ったこともない異母兄弟がいてびっくりした、という話もあります。

このような場合には、その異母兄弟も相続人となるため、一緒に遺産分割協議をしなければなりません。

法定相続人というのは、現実に相続が始まって戸籍調査をしてすべての相続関係を洗い出し、 相続の欠格や相続の排除などの問題がすべて片付いたときに、ようやく確定するものなのです。

したがって現実に相続が開始して相続人が確定するまでは、あくまで「推定相続人」と考えておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ