平成27年1月1日より相続税が増税

成25年度税制改正大綱によって、相続税が平成27年1月1日より増税されました。

そして相続税の税率は、以下のように変更になります。

基礎控除を超えた金額相続税率税金控除額
1000万円以下10%
3000万円以下15%50万円
5000万円以下20%200万円
1億円以下30%700万円
2億円以下40%1700万円
3億円以下45%2700万円
6億円以下50%4200万円
6億円超55%7200万円


基礎控除額の改正も決定

平成27年1月1日より、基礎控除の金額も縮小されました。

現行の基礎控除額 →5000万円+1000万円×法定相続人数

改正後の基礎控除額→3000万円+600万円×法定相続人数

この計算方法によると、基礎控除の金額は改正前より40%縮小されることになります。

相続財産が1億円で、相続人が3人の場合を計算してみると、次のようになります。

現行の基礎控除額 →5000万円+1000万円×3人=8000万円

改正後の基礎控除額→3000万円+600万円×3人=4800万円

現行の課税される相続財産評価額 →1億円-8000万円=2000万円

改正後の課税される相続財産評価額→1億円-4800万円=5200万円

このように課税される金額が3200万円も増えるため、かなりの増税となります。


その他の相続税改正項目


・小規模宅地等の特例の改正

現行240㎡ → 改正後330㎡

・未成年者控除の改正

現行20歳までの1年につき6万円 → 改正後20歳までの1年につき10万円

・障害者控除の改正

現行85歳までの1年につき6万円(特別障害者12万円) → 改正後85歳までの1年につき10万円(特別障害者20万円)

増税に備えて対策を今から始める

いよいよ相続税の増税されました。

この増税は平成27年1月1日以降の死亡から適用されるもです。

そして今までより多くの方が相続税の対象となりますので、相続税対策を検討されることをおすすめします。

具体的な相続税の節税や相続税対策の方法は、左のメニューからご覧ください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ