相続登記の委任状について

続登記の委任状とは、自分以外の誰かに相続登記を代理してもらうときに使用するものです。

相続登記を代理することは、基本的に誰であってもすることができます。

そのため、相続人の1人に相続登記を代理してやってもらうことは可能です。

ただし司法書士と弁護士以外の人間が、手数料としてのお金をもらって相続登記を代理することは法律違反です。(相続人の中の一人が代理するのなら、問題ありません。)

発覚すると警察に逮捕されます。


相続登記の委任状が必要な人

相続登記で委任状が必要な人は、相続によって不動産を取得する人です。

そのため、遺産分割協議で不動産を何も取得しない人は、委任状は必要ありません。

あくまで不動産を取得する人が、他人に相続登記の代理を依頼するときに、必要となるものです。

相続人が何人いようとも不動産を取得する人が一人のみで、その人が自分で相続登記をするなら、委任状は必要ありません。


法定相続通りなら、委任状が不要な人もいる

不動産を、法定相続通りの共有状態で登記するとします。

たとえば妻が2分の1、子供が2分の1の法定相続通りの共有登記をすると仮定します。

この場合、妻が自分で法定相続通りの登記を申請するなら、子供から妻への相続登記委任状は不要です。

これは、親子だから相続登記の委任状が不要というわけではありません。

法定相続通りに相続登記をするときは、委任状は不要という規則があるからです。

相続というのは、死んだ瞬間に発生するとされています。

そして死んだ瞬間というのは、まさに法定相続通りの状態なのです。

そのため法定相続通りの相続登記をするということは、遺産分割協議が行われていなければ、今の事実状態を相続登記するということなのです。

よって今の事実状態を相続登記するだけであるから、他の法定相続人の委任状は不要とされているのです。

ちなみに法定相続の相続登記をしたあと遺産分割協議によって変更があった場合は、遺産分割協議にもとづく相続登記をすれば何度でも変更できます。


委任状の記入用ワードファイル(テンプレート)はこちら


上記のワードファイル(テンプレート)は無料でダウンロードできますので、ご自由にお使いください。


委任状作成時の注意点

相続登記の委任状は、委任内容を他人が勝手に書き換えてしまうと、自分の意図しない委任状となってしまいます。

その結果、間違った祖遺族登記をされてしまうこともあります。

そのため委任状は改ざんされないように、次の点に注意してください。

  • 署名欄は自分の直筆で書くこと
  • 捨て印を押さないこと
  • 文書の最後に「以下余白」と記入しておくこと

このような点に注意すれば、委任状を改ざんされる心配はなくなります。


相続登記委任状の書式

委   任   状

平成  年  月  日

委任者・相続人(山田三郎)

(住所)

(氏名) 

私は、下記の者を代理人と定め、後記の登記申請に関する権限および本件登記申請に係る登記識別情報の受領に関する権限を委任する。

(受任者・代理人)

(住所)

(氏名)

      

登記の目的  所有権移転

原   因  平成  年  月  日相続

相続人    (被相続人 山田太郎)

持分2分の1 山田三郎

持分2分の1 山田花子

不動産の表示

1.愛知県名古屋市桜区並木町三丁目3番4の土地

以下余白

スポンサードリンク

このページの先頭へ