相続の調査について

続の調査では、相続人と相続財産を調査する必要があります。

また相続税の申告においては、高い確率で税務調査もあります。

相続人の調査は、被相続人の戸籍謄本を出生から死亡まで集めれば調査できます。

財産の調査は、完璧な調査方法というのは存在しません。

被相続人の遺品を丹念に調べて、不動産や預貯金の調査漏れがないかを確認します。

それでもかなり時間がたってから、被相続人の不動産や預貯金が偶然に見つかることはあります。


相続人の調査方法

相続人調査のためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本をすべて入手する必要があります。

被相続人の戸籍謄本を入手する方法は以下の通りです。

  1. 被相続人の最後の本籍地と筆頭者を調べ、最後の戸籍謄本(又は除籍謄本)を取得する
  2. 「戸籍事項」欄と「身分事項」欄をチェックし、前の戸籍(戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍)を取得する
  3. 2の作業を繰り返し、被相続人の出生から死亡に至るまでの身分関係を網羅する戸籍謄本類を取得する
  4. 上記1から3により確定した各相続人の戸籍謄本を取得する

このように被相続人の戸籍をすべて取得すれば、被相続人に離婚歴があったり隠し子等がいても、戸籍からすべて発見することができます。

なお、どのような相続手続きでも被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本は必要になるため、複数枚取得しておいたほうがよいでしょう。

また相続手続きをするときは、取得した戸籍謄本を複数の機関で使いまわすため、原本還付といって戸籍を返却してもらうとよいでしょう。


財産の調査方法

財産を完璧に調査する方法は、ありません。

財産を調査する方法は、被相続人の遺品等を丹念に調査することになります。

不動産については、市町村役場に「名寄帳」を請求して取得してみるとよいでしょう。

その市町村にある、被相続人名義の不動産の一覧表を発行してくれます。

預金については、金融機関に対してその銀行にある被相続人名義の口座の一覧表を発行してもらいましょう。

大手の金融機関では、そのような対応をして相続財産のもれをなくすようにしてくれるところもあります。

そして財産がすべて出そろったら、相続財産目録を作成します。


相続税の調査

相続税の申告をすると、それなりに高確率で税務調査が行われます。

そして税務調査を受けた8割近くの方が、なんらかの財産調査もれを指摘され、修正申告を行っています。

相続税の申告というのは、意図的な脱税のつもりはなくても、財産の調査もれによる追徴課税は多くあります。

それぐらい、相続財産というのは見つけにくいものということです。

相続税の税務調査については、HOME>相続税>相続税の税務調査、をご覧ください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ