相続の土地活用とは

続の土地活用とは、相続で手に入りそうな土地をどのように活用するのか、ということです。

そしてまだ相続が発生していないのなら、相続税が発生しそうな土地を活用して、相続税の支払いを減らすということができます。

相続税というのは、多くの人が対策をやりたくなるほど、それなりに高額なものなのです。

一般的な相続の土地活用としては、相続しそうな土地にアパートを建築したりして活用する方法があります。

もしすでに相続が発生してしまっているという場合には、定期借地権として活用するなどの方法があります。


アパート建築で相続税を節税する方法

相続税というのは、亡くなった人の総資産がいくらかによって決まります。

そしてここでいう総資産とは、プラスの財産だけでなくマイナスの財産も含みます。

つまり、銀行からお金を借りてアパートを建築したら、銀行からお金を借りた分は総資産からマイナスすることができるのです。

またアパート建築というのは、相続税の資産評価を減らす特例措置も定められています。

そのためアパート建築というのは、有効な相続税対策の一つなのです。

たとえば土地とアパートの資産価値があわせて1億円だったとします。

そしてアパート建築に6000万円の借り入れをしていたとします。

この場合の総資産の評価額は1億円-5000万円=4000万円となります。

資産評価が4000万円なら基礎控除の範囲内なので、相続税負担額は0円となります。


すでに相続が発生した場合の土地活用

すでに相続が発生してしまった場合、なんらの対策をして相続税を減らす方法はありません。

あとは相続で入手できた土地を、どのように活用するかを考えます。

必要のない土地であれば売却してしまってもいいのですが、せっかく相続で入手できた土地なので、なんらの活用を検討する方は多くいらっしゃいます。

しかしそうはいっても、アパートやマンション経営は事業のひとつなので、いくら不動産会社にまかせても手間やリスクは発生します。

そこで簡易に土地を活用する方法としてよくあるのが、定期借地権の活用です。

定期借地権とは、土地を定められた期間で貸して、期間が満了すれば更地で返してもらうというものです。

土地の上に立てる建物は借主が自分で負担しますので、こちらに費用負担はありません。

またアパート経営のように空室による収入減ということもありませんので、リスクも非常に低くなります。

定期借地権による土地活用は不動産会社が扱っていますので、一度相談されてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ