遺産相続の取り分(法定相続分)は

産相続によって誰がどれくらいもらえるかについては、 すべて法律で定められています。

そして法律で定められた取り分のことを 「法定相続分(ほうていそうぞくぶん)」 といいます。


法定相続分の割合表

配偶者と子が相続人の場合

配偶者  ・・・ 2分の1

子    ・・・ 2分の1(全員で)

配偶者と親が相続人の場合

配偶者  ・・・ 3分の2

親    ・・・ 3分の1(全員で)

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

配偶者   ・・・ 4分の3

兄弟姉妹 ・・・ 4分の1(全員で)

相続人に配偶者がいない場合

子のみ相続人・・・子全員で均等に分ける

親のみ相続人・・・親全員で均等に分ける

兄弟姉妹のみ相続人・・・兄弟姉妹全員で均等に分ける

しかし遺産相続は決して 「法定相続分」通りに分配されるわけではありません。

なぜなら「法定相続分」に優先する分配方法があるからです。

それは

・相続人全員で話し合えば、法定相続分は自由に変更できる

・遺言で遺産の分配を指定する場合、法定相続分は何の関係もない

というものです。

実際の遺産相続においても法定相続分通りに配分されることは少なく、 相続人全員で話し合って配分割合を決めるケースのほうが多いのです。

しかしそうはいっても相続人全員で話し合いをする場合、 法定相続分の割合は目安の1つになります。

また相続人全員の話し合いがまとまらなければ、 法定相続分に従って配分されることになります。

法定相続分の割合は、誰が相続人となるかによって異なってきます。


配偶者と子供が相続人の場合の法定相続割合

相続分は配偶者が2分の1、子供全員で2分の1となります。

子供同士の取り分はすべて平等です。

長男だから多いとか次女だから少ないということはありません。

また子供の中に養子がいたとしても、 養子の取り分は本当の子供の取り分と全く同じなのです。

養子だからといって、他の子供より少ないということはありません。

子供でも非嫡出子(ひちゃくしゅつし)の場合、取り分が他の子供の半分となります。

※非嫡出子(ひちゃくしゅつし)とは?

非嫡出子(ひちゃくしゅつし)とは、 結婚関係にない男女から生まれた子供で、 男のほうがその子供を、 自分の子供であると認めた状態のことをいいます

結婚関係にない男女から子供が生まれた場合、 その子供は自動的に母親の子供とされます。 そして結婚していない男の方から、 その子供は自分の子供であるという届け出がなされた場合 (この届け出を認知という)、 その子供は結婚していない男と親子関係にあるとされるのです。

・結婚している男女から生まれた子供

→嫡出子(ちゃくしゅつし)

・結婚していない男女から生まれた子供で、男が自分の子供であると認めた場合

→非嫡出子(ひちゃくしゅつし)

・結婚していない男女から生まれた子供で、男が自分の子供であると認めない場合

→法律上の他人(他人であるから、男の相続人にはなれない)

非嫡出子の法定相続分が他の子供より少ないことについては、 不平等であるとして盛んに議論が行われています。


配偶者と親が相続人の場合の法定相続割合

相続分は配偶者が3分の2、親が3分の1となります。

親が父母ともに存命している場合は、 3分の1の取り分を父母が平等に分け合います。


配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合の法定相続割合

相続分は配偶者が4分の3、 兄弟姉妹全員で4分の1となります。

兄弟姉妹が複数名存命している場合は、 4分の1の取り分を兄弟姉妹全員で平等に分け合います。

兄弟姉妹の中に、 半血の兄弟姉妹(片親だけが同じ兄弟姉妹のこと)がいる場合は、 他の兄弟姉妹の取り分の半分となります。

なお代襲相続で相続人となった人の取り分は、 もともと相続人となるべきだった人の取り分となんらかわりありません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ