相続に必要な書類について

続に必要な書類は、戸籍謄本と印鑑証明書が中心となります。

そして預貯金の解約や不動産の名義書き換えなど、手続きの種類によって追加書類が必要になることがあります。

必要な書類は、異なる提出先に何度も提出しなければならないため、原本還付をしてもらうなどして使いまわしたほうがよいでしょう。


ほぼすべての手続きに必要な書類

以下の戸籍関係は、ほぼすべての手続きに必要です。

  • 被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書

被相続人の戸籍謄本というのは、生まれてから死亡するまでに何度か作り直されています。

そして相続手続きにおいて被相続人の戸籍謄本は、最新の物だけではなく、作り直される以前の物もすべて必要となります。

相続人全員の印鑑証明書は、相続預金の解約や相続不動産の名義書き換えを了解していることを証明するために、提出を求められます。

相続人全員の印鑑証明書は、発行から3か月以内のものでなけれなならないことが多いです。

また遺言による相続の場合は、遺言書の原本や遺言執行者の執行権限を証する書面が必要になります。


銀行預金等の手続きに必要な書類

銀行預金や株券の相続には、上記の戸籍に加えて次のような書類が必要になります。

  • 相続手続き依頼書(金融機関等に備え付け)
  • 相続同意書(禁輸機関に備え付け)または遺産分割協議書

銀行預金や株券の相続には、金融機関に備え付けてある相続に関する申請書が必要になります。

そして他の相続人が預金等の解約に了解していることを確認するために、相続同意書や遺産分割協議書の提出を求められます。

他の相続人が預金の解約に了解していることを確認するために、書面には相続人全員が直筆で署名し、実印を押印しなければなりません。

金融機関は押印された実印と印鑑証明書が一致していることをきちんと確認してから、初めて相続による目義変更や解約などに応じてくれます。


不動産の手続きに必要な書類

不動産の手続きには、上記の戸籍に加えて次のような書類が必要になります。

  • 固定資産税評価証明書
  • 被相続人の住民票の除票または戸籍の付票
  • 不動産を相続する人の住民票
  • 遺産分割協議書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 相続登記申請書

不動産の相続登記申請は、相続の状況によって上記の書類と異なってくることがあります。

不動産の相続には必要な書類を確認するには、HOME>相続登記>相続登記に必要な書類、から確認してください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ