相続に期限はあるのか

続には期限までにやらなければいけない手続きと、期限なくいつやってもよいという手続きが存在します。

◆3ヶ月以内にやらなければいけないこと

・相続放棄

「相続放棄」とは、 自分の気持ちや都合に関係なく、 すべて自動的に引き継いでしまう「相続」というものを、 いっさい関わりたくないので「放棄」する、 というものです。

相続放棄が認められると、 法律的には「相続人ではない」とされます。

したがって相続放棄をすれば、 相続財産をもらうことや、 借金の支払いをすることはありません。

今後いっさい、相続手続きに関わることはなくなります。

どんな相続手続きの協力をもとめられても、 すべて拒否することができます。

・限定承認

相続の限定承認とは、 相続財産が全部で、 プラスとなるのかマイナスとなるのか判断できない場合に、相続財産の範囲内で借金を支払って、 もし財産が残ったらそれをもらい、 借金だけ残るようならすべて放棄する、というものです。

相続放棄も限定承認も、家庭裁判所に届け出をする必要があります。

自分たちだけで話し合いをして「私は何も受け取らないから相続放棄した」と言ってもそれは相続放棄をしたことにはなりません。

この勘違いのせいで、身に覚えのない相続借金の支払いをしなければならなくなることもありますから、注意してください。


◆4ヶ月以内にやらなければいけないこと

・所得税準確定申告

確定申告が必要な人というのは、翌年3月15日までに前年分の所得の確定申告を行います。

しかしが死亡した場合には、その年の1月1日から死亡の日までの期間の所得を確定申告(準確定申告といいます)をしなければなりません。

この準確定申告は、相続発生から4か月以内にやらなければなりません。

年末までまってはいけないのです。

この申告は 相続人全員が納税者(相続放棄者を除く)となり、被相続人の所得税の申告を行う義務があります。


◆10ヶ月以内にやらなければいけないこと

・相続税の申告と納税

相続税とは、亡くなった人の財産を相続人がもらうときに、支払わなければならない税金のことです。

遺言や死因贈与契約によって、相続人ではない人が財産をもらう場合も、相続税の対象となります。

相続税は基本的に、5千万円以上の高額な遺産が残った場合に発生します。

相続税は申告だけでなく、現実の納税も10か月以内にしなければなりません。


◆1年以内にやらなければいけないこと

・遺留分減殺請求

法律では遺言によって自分の財産は、自分の好きなように処分できると定めています。

だから例えば、「遺言により自分の財産を愛人に全て与える」とすることもできます。

しかし、それでは残された家族の生活が不安定なものになってしまいます。

そこで遺言でどのように財産が分配されようとも、残された家族には遺言で他人の手に渡った財産を、少しだけ取り戻せるような権利が認められています。

この権利のことを「遺留分」といいます。

そしてこの遺留分の権利行使は、相続発生から1年以内にやらなければなりません。


◆期限のないもの

・家や土地の相続手続き

・預貯金、株券、自動車などの相続手続き

・その他の相続手続き全般

これらについては期限の定めはありません。

したがって、いつやっても法律上はまったく問題ありません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ