相続の欠格とは

が存在すれば、 その人は自分の気持ちにかかわらず自動的に相続人となります。

しかし遺産相続の法律によって、 その人は相続人でなくなる場合があります。

そして相続人でなくなってしまった以上、 その人は遺産相続の手続きに参加することはできなくなります。

人が相続人でなくなる場合には、以下のようなものがあります。

①家庭裁判所で相続放棄の手続きをする

②自分の相続財産が多くなるように、誰かを殺害しようとして刑事罰を受けた

③詐欺や脅迫によって遺言書を書かせたり、変更させたりした

④遺言書を隠したり廃棄したり、改ざんしたりした

⑤亡くなった人がまだ生きているときに、虐待や暴力をした

上記の②③④のことを「相続の欠格」といいます。

そして上記の⑤のことを「相続の排除」といいます。

「相続の欠格」「相続の排除」は内容からみてもわかるように犯罪にも該当するため、 それほど多くの方に当てはまるわけではありません。

しかし残念ながら今も一定数、存在します。


欠格に当てはまる人

相続の欠格とは、以下のようなことをした人があてはまります。

・故意に被相続人、先順位、同順位の相続人を死亡させ、または死亡させようとして刑に処せられた者

・被相続人が殺害されたことを知りながら、告訴、告発をしなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、または殺害者が自己の配偶者もしくは直系血族であった場合は適用されない。

・詐欺、強迫により被相続人の遺言作成、取消、変更を妨げた者

・詐欺、強迫により被相続人の遺言作成、取消、変更をさせた者

・被相続人の遺言書を偽造、変更、破毀、隠匿した者

そして相続の欠格に該当してしまうと相続人ではなくなり、 相続財産を受け取ることはできなくなります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ