相続の順位とは

続するにあたって、法定相続人であれば必ず相続が約束されているわけではありません。

民法で相続の優先順位が定めてあり、その相続順位に従って遺産相続が決定します。

また配偶者(=夫からみれば妻、妻からみれば夫)は、この相続順位とは関係なく、必ず相続人となることができます。

そして相続は順位が同じ方が複数名いる場合、同じ順位の中で序列はありません。

同じ順位であれば、年齢、性別に関係なく完全に平等です(非嫡出子を除く)。

例えば長男だから優先順位が1番、自助だから優先順位は3番ということはありません。

そして相続は、第3順位まであります。


◆第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく)

直系卑属とは、次の人をさします。

  • 子供(非嫡出子を含む)
  • 養子
  • 胎児(お腹の中にいる赤ちゃん)
  • 孫(子供と養子が先に死んでいない場合)
  • ひ孫(子供と養子と孫が先に死んでいない場合)

孫やひ孫については、上の世代が先に死んだ場合(欠格、排除含む)のみ、どこまででも下に降りていきます。

ただしこれは、死んだ場合(欠格、排除含む)のみであって、子が相続放棄をしても相続権は孫には移動しません。


◆第2順位・・・被相続人の直系尊属

第1順位の相続人が一人もいない(相続放棄含む)ときは、次の人が第2順位として相続人となります。

  • 父(養父含む)
  • 母(養母含む)
  • 祖父(父と母が先に死んでいたり、相続放棄している場合)
  • 祖母(父と母が先に死んでいたり、相続放棄している場合)

祖父、祖母については、下の世代が先に死んでいない場合(欠格、排除含む)のみ、どこまででも上に登っていきます。

(養父養母の祖父祖母には登りません。血がつながっていないからです。)

ただしこれは直系卑属の場合と異なり、、父母が死んでいない場合(欠格、排除含む)に加えて、相続放棄した場合も相続権は上に移動します。

つまり父母が2人とも相続放棄をしたら、相続権は祖父祖母に移動するということです。


◆第3順位・・・兄弟姉妹

第2順位の相続人が一人もいないとき(相続放棄含む)は、次の人が第3順位として相続人となります。

  • 先に死んだ兄弟姉妹がいる場合、その子供(おいめい)

兄弟姉妹の中で先に死んだ兄弟姉妹がいる場合は、その兄弟姉妹の子供(おいめい)が兄弟姉妹にかわって相続人となります。

ただし代襲相続は死んだ場合(欠格、排除含む)のみであって、兄弟姉妹が相続放棄をしても相続権はおいめいには移動しません。


第3順位まですべての人が死亡していたり、相続放棄をしたらどうなるのか

第3順位まですべてのの人が死亡していたり相続放棄をした場合、この世から相続人はいなくなります。

このような場合、亡くなった人の生活等を支えたという特別縁故者の申し立てがなければ、相続財産はすべて国のものとなります。

現在、法定相続人がすべて相続放棄をしてしまい、引き取り手のない財産というのはたくさん放置されています。

所有しても資産価値がなく税金ばかりかかってしまう土地、というものは多数あるからです。

そのような土地は形式的に、市町村が管理していることになります。

しかし市町村もほかっておけば荒れ地になって火事が起きることもあるし、管理するのにも税金投入でお金がかかるので、処遇に困っている状態です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ