相続の方法はどのようなものか

続の方法は、大きく分けて3つあります。

・単純承認

・相続放棄

・限定承認

単純承認は、多くの人が行う一般的な相続で、被相続人の権利義務をそのまま受け継ぎます。

なお単純承認をして、相続人同士の遺産分割協議で自分はいっさい何も受け取らない、とすることは可能です。

相続放棄は、相続人としての権利義務のいっさいを放棄することです。

つまり、義務だけ放棄して権利だけ受け取ることはできません。

相続放棄をするということは、権利も義務もすべてを手放すということなのです。

そして相続放棄は、3か月以内に家庭裁判所へ申請しなければいけません。

限定承認とは、相続財産のプラスが多いかマイナスが多いかわからないときに、 マイナスが多ければ放棄してプラスが多ければ受け取る、というものです。

限定承認はものすごく便利なように思えますが、手続きがあまりに煩雑すぎて、 利用される人は非常に少ないのが現状です。


具体的方法

相続について、遺産分割協議を行うことが決まったら、次のような方法で行います。

  1. 戸籍謄本を収集して相続人を確定させる
  2. 相続財産をすべて調べて、相続財産の一覧表を作成する
  3. 相続人全員で、誰がどの遺産を相続するか話し合いで決定する
  4. 相続人で話し合った結果を、遺産分割協議書にまとめる
  5. 遺産分割協議書にしたがって、不動産の相続をしたり預貯金の相続をする
  6. 相続税などの支払い義務がある場合には、納税をすませる

まず被相続人の戸籍謄本をすべて収集して、相続人を確定させましょう。

ごくまれに、被相続人に離婚歴があったことを知らずに、戸籍を収集して初めて前妻の子の存在を知ったということもあります。

相続人がそろわないまま遺産分割協議をしても無効となり、不動産の名義書き換えも預金の解約もできません。

相続財産の調査は、もれなくきちんと行いましょう。

調査にもれがあると、相続財産を隠していたと疑われ、遺産相続の話がもめてしまうことがあります。


遺産分割の方法

相続財産が自宅のみの場合、相続人で分割できないことはよくあります。

このようなときは「代償分割」「換価分割」という方法を使います。

代償分割とは、相続分以上の財産を取得する場合において、その代償として他の相続人に自分の金銭を支払う方法です。

換価分割とは、遺産を売却して金銭に変換した上で、その金額を分ける方法です。

いずれも相続の遺産分割としては、法律で認められた有効な方法です。

ただしどのような分割方法にしようとも、全員の同意がなければなりません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ