相続の排除とは

続の排除とは被相続人に虐待、重大な侮辱、 著しい非行があった場合に、 被相続人がその者に相続させないために、 家庭裁判所の許可の下に相続権が失われることをいいます。


手続きの方法

相続の廃除は、 被相続人が生前に家庭裁判所に請求する場合と、 遺言でする場合があります。

家庭裁判所にへ相続廃除の請求をするには、 相続廃除の申立書に、 戸籍謄本などの必要書類をつけて家庭裁判所に提出します。

申し立てをすると家庭裁判所で聞き取り調査などが行われ、 証拠書類等と照らし合わせて、 相続の廃除が審判という形で認められます。

遺言で相続の廃除をする場合は、 遺言書に「●●を相続人から廃除する」 という一文を書き加えます。

なお、兄弟姉妹を相続人から廃除することはできません。

なぜなら兄弟姉妹には、 遺言で兄弟姉妹には遺産を何もあげないと書いてしまえば、 遺産をもらうことはできなくなるからです。

兄弟姉妹以外の方は遺言内容に不満がある場合、 遺留分といってある程度は遺産をもらえる権利が保証されています。

したがってその人には絶対に遺産を渡したくないという場合は、 遺留分の権利を主張できなくするために、 遺言で財産をあげないとするだけではなく、 「相続の排除」までする必要があります。

兄弟姉妹には遺留分という権利が認められていないので、 わざわざ排除の手続きをとらなくても、 遺言で遺産をあげないとしてしまえばそれで十分なのです。


個人的な好き嫌いではできない

もちろん相続の廃除は、 法律の条件を満たさなければ廃除できます。

ただ個人的に嫌いだからという理由で、 遺言に廃除のことを書いても、それは認められません。

遺言の内容を実現するときに、 その相続人が廃除に値するほどひどいことをしてきたかどうか、 審判によって判断されます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ