相続の土地分割について

続の土地分割とは、相続した土地を切り分けて相続人で分けることです。

相続による土地の分割は、銀行預金を解約して分けるより大変な作業となります。

土地を分割するといっても、自分たちで勝手に線を引いたりしても土地を分割したことにはありません。

また土地を分割することによって、さまざまなメリット、デメリットも存在します。


相続の土地を分割する4つの方法

相続の土地を分割するには、次の4つの方法があります。

  • 分筆(ぶんぴつ)
  • 代償分割(だいしょうぶんかつ)
  • 換価分割(かんかぶんかつ)
  • 共有(きょうゆう)

分筆とは、土地を本当に切り分けてしまうことです。

そのため、測量などの作業が必要になります。

代償分割とは、相続人の一人が土地のすべて取得する代わりに、他の相続人には現金を支払うというものです。

換価分割とは、土地を売却して現金に換えて、現金を相続人全員で分割することです。

共有とは、複数名の相続人が共同で土地を管理してくことです。

それぞれの分割方法には、メリットとデメリットがあります。


メリットとデメリット

相続の土地を分割する4つの方法には、それぞれメリットデメリットがあります。

   メリット デメリット 
 分 筆・土地を手放さなくてよい。
・公平に分割できる 。
・土地の評価を下げて節税対策ができる。
・測量などの作業が発生する。
・土地の評価額が下がることがある。 
 代償分割 ・土地を手放さなくてよい。
・公平に分割できる 。
 ・土地を取得する人は、現金の支出が発生する。
 換価分割 ・公平に分割できる。・土地は手放してしまうことになる。
・不動産譲渡税が発生する。 
 共 有 ・土地は手放さなくてよい。・土地の管理をめぐってトラブルになりやすい。
・土地を活用する話は、うまくまとまらない。 

どんな状況の時に、どの分割方法をすればよいのか

分筆は、相続税が発生して節税をしたいときには、有効な方法です。

土地は切り分け方によっては土地の評価額を下げることができるので、節税対策として有効です。

どうしても土地を切り分けたくないときは、代償分割が良いでしょう。

換価分割は、とにかくお金がほしい時に有効です。

土地は切り分けるよりも、ある程度まとまった大きさのほうが買い手が付きやすくなります。

そのためお金がほしい時は、分筆はせずにそのまま売ったほうがよいでしょう。

土地の共有というのは、あまりおすすめはできません。

ただ土地分割の話し合いをするともめてしまいそうなときは、波風を立てないようにとりあえず共有でおいておくのも一つの方法です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ