失踪宣告(しっそうせんこく)とは

踪宣告(しっそうせんこく)とは、 生きているかの死んでいるのかわからない場合、 死んだことにしてしまって相続手続きををすすめる、 というものです。

ある人が生死不明のまま長期間経過している場合、 家族はいろいろな面で困ってしまいます。

戸籍上その人が死亡していることが確認できないと、 相続の手続きをとることもできません。

相続による預金の解約や、不動産の売却もできません。

戸籍で死亡を証明できないと、 かけていた生命保険の保険金を受け取ることもできません。

住民税も支払っていかなければなりません。

残された配偶者が、再婚することもできません。

このような不都合を解消するために、 行方不明・生死不明の人の死亡を法的に確定させるため、 失踪宣告という手続きが作られました。

なお失踪宣告の申請は義務ではありませんので、 申請しなくても構いません。


失踪宣告の種類

失踪宣告には、次の2種類があります。

①危難失踪

→事件や事故に巻き込まれてたため、生死が分からなくなった場合

②普通失踪

→危難失踪以外の失踪です。単なる行方不明。

失踪宣告の申請方法

失踪宣告は、家庭裁判所に必要書類を提出して行います。

・申請できる時期

①危難失踪

→事件事故から1年以上経過すれば申請できます。

②普通失踪

→行方不明になってから7年以上経過すれば申請できます。

・申請人

利害関係人(相続財産や妻・夫・子供・財産管理人・受遺者など)

・申請先

不在者の従来の住所地を管轄する家庭裁判所

・必要書類

申立書

申立人の戸籍謄本

行方不明者の戸籍謄本

行方不明の事実に関する資料

利害関係に関する資料

・費用

収入印紙800円

事務連絡用の切手

官報公告料4179円

失踪宣告は死亡と同じ

失踪宣告がされると、 その人は死亡したのと同じ扱いとなります。

したがって失踪宣告がされると、 結婚は解消され、相続手続きが開始されます。


失踪宣告と離婚の例外

夫が行方不明になってから、 7年以上経過しないと離婚できないのというのは、 生活が苦しくなることもありますので、 3年以上生死不明であれば、一方的に離婚できるとされています。

ただしこれは失踪宣告ではありませんので、 夫の相続財産をもらうことはできません。

失踪宣告したのに、生きて帰ってきたら?

失踪宣告をしたのに、その人が生きて帰ってきた場合、 そのことを家庭裁判所に報告すれば、本人の死亡は取り消されます。

しかし失踪宣告が取り消されても、 すべての相続財産を元に戻すというのはちょっと難しくなります。

失踪宣告を機に相続手続きがされていた場合には、 分配された財産や消費された財産は取り戻すことはできません。

また配偶者が再婚してた場合には、その再婚を取り消すこともできません。

失踪宣告を取り消して、 財産や婚姻関係を元に戻して問題が起きない場合は、 もとに戻すことができます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ