相続登記申請書のとじ方

続登記申請書がすべてできあがったら、 これまでに収集した必要書類とあわせてホッチキスでとじます。

下記に記載された若い番号の書類が上に来るようにして、 ホッチキスで用紙の左はじを3箇所とじます。


①【登記申請書】

複数枚になるときは、 1ページ目と2ページ目の境に、 申請人(不動産をもらう人)の実印にて 「割り印」を押印して下さい。


②【印紙台紙】

印紙台紙はただの白紙です。

ここに法務局で、登録免許税分の収入印紙を貼り付けることになります。


③【相続関係説明図】

作成者の押印があるか確認して下さい。


④【遺産分割協議書】

複数枚になっているときは、 ページ間に相続人全員の実印にて「割り印」が必要です。


⑤【印鑑登録証明書】

年齢順に並べて下さい。

市区町村ごとに書面サイズが異なりますが、 左綴じになっていれば構いません。


⑥【被相続人の住民票(除票)・相続人の住民票】

被相続人の住民票(除票)を先頭にし、 相続人の住民票は年齢順に並べて下さい。


⑦【固定資産評価証明書】

課税価格が確認できる最新のものを添付して下さい。

上記①から⑦をホッチキスでとじたら、

・ホッチキスでとじた登記申請書

・亡くなった方の戸籍全部

・相続人全員の戸籍

の3つをクリップでとめてください。

これで登記申請書作成はすべて完成です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ