成年後見人の普段の仕事について

年後見人の普段の仕事は、預金や現金などの管理です。

被後見人が生活していくために現金は必要ですから、通帳を管理し、必要な経費を支出して、生活を成り立たせます。

被後見人の生活にかかった経費は、領収をノートに貼り付けるなどして保管します。

そしてどのような収入支出があったか、帳簿に記録します。

そのほか家賃や釈迦保険料、税金や公共料金などを適切に支払う要します。


被後見人の身上監護を行う

被後見人が病院に通院する必要があれば、費用の支払いを適切に行い安定して治療が受けられるようにします。

また介護保険などを利用する場合は、介護保険の契約をしたり、適切に介護サービスを受けられているか確認をします。

施設に入所しなければならないような状況になったら、施設入所の契約を行います。


家庭裁判所へ的的な報告を行う

成年後見人は、家庭裁判所から報告の要請があれば、成年後見人としての仕事の状況を報告します。

家庭裁判所から報告の要請がなくてもこちらから定期的に報告を行っておけば、 家庭裁判所も安心して貢献の仕事を任せることができます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ