成年後見人の身上監護について

年後見人の仕事に、身上監護というものがあります。

身上監護とは、被後見人が適切に生活できるように、介護保険や病院などの「身の上」の手続きをすることです。

成年後見人が行う身上監護は多岐にわたりますが、主に次にようなものがあります。


・病院に関する手続き
・介護保険に関する手続き
・施設入所や施設退所に関する手続き
・教育やリハビリに関する手続き
・住居の確保に関する手続き

これらの身上監護はあくまで法律行為であって、介護などを行う必要はありません。

親族ならば買い物の付き添いや身の回りの世話をすることはありますが、これらは成年後見人としての身上監護には含まれません。


成年後見人の身上監護に付随する法律行為

成年後見人は、介護サービスを契約した後も、そのサービスが適切に行われているかチェックしなければなりません。

また施設に入所したあとも、施設内で適切にサービスを受けられているか、不適切なことがないかを確認する義務があります。

成年後見人は、介護福祉士、ケースワーカー、市町村の職員などと連携しながら、被後見人の身上看護を進めていくことになります。

また被後見人の希望を尊重して、生活を快適にするよう改善することも、身上看護の一つといえます。


身上看護のための多大な出費は要注意

いくら被後見人のための身上看護だからといって、多額の出費を伴うリフォームや高額品の購入は、注意しなければなりません。

多額の出費を伴う身上看護が本当に被後見人のために必要かどうか、後見人一人で判断するのは危険です。

成年後見人は不必要な支出をしたとして、後日に親族から追求されることもあります。

そのため多額の出費を伴う身上看護は、家庭裁判所によく相談してから実施しなければなりません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ