成年後見人の選任について

年後見人には、家庭裁判所から選任されることによってなることができます。

自分で「成年後見人です」と宣言するだけでは、成年後見人になることはできません。

成年後見人に選任されるためには、家庭裁判所に必要書類を提出して審査を受けなければなりません。

そして家庭裁判所から成年後見人になってようとい許可をもらって、初めて成年後見人になることができます。


成年後見人に選任してもらえない場合

成年後見人は、申し立てをすれば必ず選任されるわけではありません。

その人が成年後見人になることによって親族との間で財産争いが起きるなど、被後見人の権利が守られない可能性があるときは、他の人が成年後見人に選任されます。

ほかの方というのは、家庭裁判所にある後見人候補者名簿に掲載されている人のことです。

後見人候補者名簿には、弁護士や司法書士などの専門家の名前が掲載されています。


選任に必要な書類

成年後見人の選任に必要な書類は、以下の通りです。


・申立書(家庭裁判所に備え付け)
・申立事情説明書
・親族関係図,親族の同意書
・本人の財産目録
・本人の収支状況報告書
・後見人等候補者事情説明書
・医師の診断書
・本人と後見人候補者の戸籍謄本
・本人と後見人候補者の住民票
・登記されていないことの証明書(法務局発行)
・知的障害者の場合は障害者手帳
・収入印紙800円
・登記印紙2600円
・郵便切手数千円
・鑑定料(数万円~)

家庭裁判所によって、必要書類は異なることがあります。


成年後見人選任の申立書記入例

成年後見人選任の申立書の記入例は以下の通りです。

後見人申立書1 後見人申立書2

成年後見人の選任には面接などの審査がある

成年後見人になるための必要書類を提出すると、家庭裁判所で審査が行われます。

具体的には後見人後者を面接したり、親族などに照会書を送付して後見人に選任することに問題がないか確かめます。

成年後見人に選任されるまでに、書類を提出してから2ヶ月ほどかかります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ