成年後見人の心構えについて

年後見人の心構えとしては、成年被後見人の意志を尊重してあげることがもっとも大切です。

成年被後見人は判断能力が低下していますから、何でも成年被後見人の通りにやってはいけません。

成年被後見人の言うとおりにすべてしてしまったら、生活が破綻するかもしれません。

しかし、成年被後見人の気持ちをすべて無視してはいけないのです。

成年被後見人は感情はあるし、やる気や能力がある部分もあるのです。

ですから成年被後見人の気持ちを尊重しつつ、快適な生活が送れるようにサポートしてあげることが、成年被後見人の心構えとして重要です。


成年後見人としてしてはいけないこ

成年後見人として、次のようなことをしてはいけません。

・日当などとして不正な支出をすること

・財産の使い込みをすること

・自分の財産と混同すること

・被後見人の財産からお金を借りること(「返すつもりがあってもダメ)

・管理をせず放置すること

上記のようなことは、成年後見人として絶対にしてはいけません。

成年後見人の心構えとして、しっかり覚えておきましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ