成年後見人とは何か

年後見人とは認知症、知的障害、精神障害などによって物事を判断する能力が十分でない方について、 その人の権利を守る援助者のことです。

成年後見人には後見、保佐、補助の3つの種類があります。

後見→判断能力がまったくない方が対象

保佐→判断能力が著しく不十分な方が対象

補助→判断能力が不十分な方

成年後見制度としては上記の3種類がありますが、もっとも多く利用されているのが、判断能力がまったくない方が対象の成年後見人です。


仕事内容

成年後見人は本人の心身の状態や生活状況に配慮しながら、財産を適正に管理し、必要な代理行為を行うことが仕事です。

成年後見人の仕事は、大きく分けて次の2つです。

・被後見人の身上監護をする

・被後見人の財産管理をする

身上監護とは、介護保険の契約をしたりするなどして、被後見人が安心して生活を送れるようにサポートすることです。

ただし、実際の介護行為までする義務はありません。

財産管理とは、被後見人の生活に必要な費用を支出したり、悪徳商法から守ってあげたりすることです。


成年後見人の仕事は途中でやめられない

成年後見人は、申立てのきっかけとなったこと(保険金の受取等)だけをすればよいものではなく、後見が終了するまで、行った職務の内容(後見事務)を定期的に又は随時に家庭裁判所に報告しなければなりません。

家庭裁判所に対する報告は、本人が死亡するまで続きます。

成年後見人の仕事は、いやになったからといって途中でやめることはできません。

後見人になった以上、本人の財産は,あくまで「他人の財産」であるという意識を持って管理していただく必要があります。

後見人に不正な行為、著しい不行跡があれば、家庭裁判所は後見人解任の審判をすることがあります。

後見人が不正な行為によって本人に損害を与えた場合には、その損害を賠償しなければなりませんし、背任罪、業務上横領罪等の刑事責任を問われることもあります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ