貴重品や生活用品の相続について

重品生活用品の相続は、相続財産としての価値があるかどうかが重要です。

相続財産と言われるためには、金銭に換算したらいくらになるのか、という値打ちのあるものである必要があります。

そのため被相続人の残したものについて金銭に換金できないような所持品等は、遺産分割協議の対象にする必要はありません。

もっとも金銭に換金できなくても、思い出の品や形見などを誰が相続するか話し合うのは、なんら問題ありません。

ただ金銭的価値のないものについて相続で争いになったとしても、裁判等では取り上げられない可能性があります。


相続財産としての価値判定方法

貴重品や生活用品の相続については、金銭に換金できるかどうかがポイントとなります。

たとえば被相続人が高級腕時計を残していたとしたら、その高級腕時計は売却したらいくらになるのか、で相続財産の価値が決まります。

相続税の計算においても、実際の取引価格をもとに計算されます。

高級腕時計が中古品として実際に100万円で取引されているとしたら、100万円を相続財産とします。

骨董品や美術品なども同じような考え方で、実際に取引されている価格をもとに価値が決まります。

被相続人の生活用等で、衣類や雑多な持ち物など売却することができないものがあります。

このようなものは金銭的価値がありませんから、相続財産には含めなくてよいとされています。


遺産分割協議書に一文書いておくと便利

遺産分割協議をおえたあと、被相続人の細かな遺品が出てくることがあります。

このときあとから出てきた遺品に金銭的価値があるかないか微妙なときは、どのように処分してよいか困ってしまいます。

そこでそのようなことにならないために、遺産分割協議書に次の一文を書いておくと便利です。

ここに記載のない被相続人の遺産については、相続人 山田太郎がすべて取得する。

このように書いておけば、被相続人の生活用品などはすべて一人の相続人が取得できます。

そして取得したものを廃棄するか保管するかは一人で決められますので、処分に困ることはなくなります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ