債務を相続するとは

務とは、わかりやすくいえば「借金」のことです。

つまり債務とは「返さなければいけないお金」のことです。

そしてこの債務も、相続の対象となります。

そのため債務を相続したら、亡くなった人にかわって借金を支払っていかなければならないのです。


債務を引き継ぐ割合

債務というのは、相続権のある人が引き継ぐことになります。

ただし、それぞれの相続人が債務を相続する割合は法律で決まっています。

それぞれの相続人が債務を相続する割合は、資産を受け取るときと同じ「法定相続分」によって決まります。

たとえば死んだ父親に1000万円の債務が残っており、相続人は母と長男と次男だったとしてます。

この場合の相続人の債務の負担額は、母親500万円、長男250万円、次男250万円となります。

そして相続人は、自分の債務負担分さえ支払ってしまえば、支払義務から解放されます。

他の相続人の分は、負担しなくてもよいのです。


遺産分割協議は、単なる身内の話し合い

父親に債務が残っていた場合、実家を長男が相続するから債務もすべて長男が相続する、という遺産分割協議がされることはよくあります。

この場合、遺産分割協議によって実家も債務も相続しなかった他の相続人は、債務を1円も支払わなくてよいように見えます。

ところが、法律ではそのようになっていません。

遺産分割協議というのは、相続人同士である身内の話し合いと位置付けられてます。

そのため遺産分割協議によって債務を相続人の1人が負担することになっても、お金を貸した人は、法定相続にしたがってすべての相続人に返済を請求してよいのです。

そして返済を請求された相続人は、法律的に支払義務があるため支払わなくてはなりません。

遺産を何も相続していないのに債務を支払わされた相続人は、遺産を相続した人に請求するしかありません。


債務を引き継がない方法は、相続放棄のみ

どうしても債務を引き継ぎたくないという人は、相続放棄という方法をとることができます。

相続放棄というのは、相続から3か月以内に家庭裁判所に書類を提出することで成立します。

そして家庭裁判所から相続放棄受理通知書を発行してもらえば、法律のお墨付きで債務の支払い義務から解放されます。

債務を相続しなくてよい唯一の方法は、相続放棄のみです。

いくら遺産分割協議で「相続放棄します」と書いて実印を押しても、法律的に相続放棄をしたことにはなっていませんので注意してください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ