相続の弁護士費用について

続の弁護士費用は、着手金と報酬金に分けられます。

着手金とは、最初に相続を依頼するときにかかる費用です。

弁護士に相続を依頼するには、まず着手金を支払わなければなりません。

そして相続の争いが解決したときに、得られた利益に応じて弁護士に支払う報酬金というものがあります。

報酬金をわかりやすく言えば、裁判に勝ったら何%が弁護士報酬、というものです。

弁護士の費用は各弁護士が自由に設定できるため、すべての弁護士が着手金+報酬金という形をとっているわけではありません。

弁護士には昔、報酬規定というものがあり、いまでも昔と同じ報酬規定をそのまま使用している弁護士は多くいます。


弁護士費用の相場

弁護士費用で明確な相場というものはありませんが 、昔の報酬規定をそのまま使用している弁護士も多いため、参考とすることはできます。

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の部分 5% 10%
3,000万円を超え3億円以下の部分 3% 6%
3億円を超え部分 2% 4%

上記の金額は一般的な裁判の金額を想定していますので、裁判によらない交渉で解決した場合などは、もっと低くなることがあります。

仮に経済的利益が1000万円の場合、着手金は59万円、報奨金は118万円となり、合計177万円となります。

またこの金額に加えて、日当がかかる場合もあります。

それでも最近はもっとわかりやすい料金を明示したり、もっと安く引き受けてくれるとことも増えてきました。

いずれにしても弁護士に相続を依頼するときは、書面等で費用を十分に確認した方がよいでしょう。

また依頼するときには、契約料金がきちんと明示された委任契約書を発行してもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ