相続での弁護士の選び方

続で弁護士を選ぶ場合というのは、遺産相続に争いなどがあるケースです。

遺産相続で争いのある場合は、弁護士に交渉を依頼するか、調停や裁判の代理人になってもらう必要があります。

相続で弁護士を選ばなければならないときは、相続に強いことを全面的にアピールしている弁護士を選ぶとよいでしょう。

弁護士といっても取り扱い分野は多岐にわたるため、すべての分野で万能な能力を持つことはとても難しいのが現状です。

また弁護士も経営を真剣に考えなければならない時代になったため、得意分野を明確にして世間にアピールする時代になりました。

そのため弁護士も、取り扱う分野に偏りが見られるようになったのです。

相続に強いことをアピールしている弁護士は、相続の取り扱い実績も豊富であることが多いようです。


○○相続センターなどの団体について

最近は「○○相続センター」など、センターと名乗る団体が増えてきました。

また一般的な事務所でも、センターと名乗るところは増えています。

しかしこの「○○相続センター」は、公的な機関とは何ら関係がありません。

たんなる民間団体です。

「○○相続センター」は、行政書士などが仕事をしていることがありますが、公的機関ではありません。

団体や事務所がどんな名前を名乗るかは自由なので、センターと名乗っても違法ではありません。

そして一般的な相続手続きは、普通に取り扱ってくれます。

ただし、料金について疑問を感じたりした場合は、すぐに中止した方がよいでしょう。

また相続で争いのあるケースは、そのようなところでは解決できません。

紛争解決能力の高い優秀な弁護士は、そのようなところにはいないからです。

相続で争いが予想される場合には、相続の争いについて実績の豊富な弁護士を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ