任意後見の費用について

意後見の費用は、契約により自由に決めることができます。

任意後見とは、判断能力が正常なうちに当事者の契約によって内容が決まるものです。

そのため任意後見の契約内容によって、どんなことをしてもらうか、それによっていくら支払うのかは、自由に決めてよいのです。

ただ任意後見契約は、後見制度全体から比べるとまだまだ件数が少ないため、相場というほど明確な基準はないのが現状です。


一般的な任意後見契約の費用

任意後見契約は自由契約ですが、一般的には下記のような費用がかかります。


・任意後見契約書作成費用→5万円から15万円

・後見が始まる前までの見守り費用→月額5千円から2万円

・後見が始まってからの費用→月額3万円から5万円

・後見が始まってから不動産売却などの特別費用→1回につき10万円~

・公正証書作成実費→1万円弱


後見が始まる前までの費用とは、自分が認知症になってしまうと後見人に後見を頼むことを連絡できなくなるため、 後見人候補者と定期的に会って後見開始の時期を見定めてもらうための費用のことです。

ここに記載した費用はあくまで一例にすぎず、相場費用ではありません。

任意後見契約は自由契約で圧あるため、どのような費用で契約しようともまったくの自由です。

任意後見をお願いする相手は親しい人間関係であることもありますから、契約費用はよく話し合って決めるとよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ