共同相続とは何か

同相続とは、2人以上の相続人が共同で相続する相続形態のことを言います。

相続というのは、人が死亡した瞬間に発生するとされています。

そして人が死亡した瞬間に、法定相続人が複数名いる場合は、共同相続となります。

共同相続のあと、誰がどの相続財産を受け取るかを遺産分割協議という話し合いで決めると、それぞれの相続財産の所有者が決まります。

このような状態にとは正反対で、法定相続人が1人のみの場合のことを「単独相続」といいます。


そのまま登記すると、問題が起きやすい

被相続人の不動産の名義書き換えは、遺産分割協議をせずに共同相続のまま登記することができます。

この場合の不動産の持ち分割合は、法定相続の割合と同じになります。

そして法定相続割合に基づく相続登記は、相続人全員の了解がなく、相続人の一人からだけでも登記できてしまいます。

しかしこのような共同相続の状態で登記をしてしまうと、固定資産税の支払い義務も法定相続割合に応じて発生してしまいます。

このとき相続人の一人が家と土地のすべてを使用しているのに固定資産税を滞納してしまうと、 登記されたほかの相続人のところにも固定資産税の請求がされてしまうのです。

これでは、その家と土地を使用していない共同相続人はたまったものではありません。

また共同相続登記をしてしまうと、その家と土地を売却するときに、相続人全員の了解が必要になります。

不動産の売却において、相続人全員が売却額に納得しすみやかに売却できるというのは、めったにありません

そのため、共同相続のまま登記するというのは、あまりおすすめできません。


すみやかに解消したほうがよい

共同相続の状態を解消するためには、遺産分割協議をしなければなりません。

そして遺産分割協議というのはいつまでにやらなければならないという、法律の決まりはありません。

そのためいつまでも遺産分割協議をせずに、放置しておく人がたくさんいらっしゃいます。

しかし遺産相続というのは、時間がたてば相続財産の把握もやりにくくなるものです。

また、かなり時間がたってしまうと、他の相続人に対して遺産分割協議の話をもちかけたり、 ハンコを押してくださいというようなことがとても言いづらくなります。

そのため共同相続の状態というのは、なるべくすみやかに解消したほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ