自動車の相続について

動車の相続による名義変更は、管轄の陸運支局に必要書類を提出して行います。

自動車の名義変更に必要な書類は以下の通りです。

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 遺産分割協議書
  • 新所有者の住民票
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明書)

印鑑証明書は、発行から3か月以内のものでなければなりません。

自動車検査証(車検証)は、有効期限の切れていないものが必要です。

自動車保管場所証明書(車庫証明書)は、発行から40日以内のものが必要です。

そして以下の書類は、申請日当日に陸運支局で用意してください。

  • 申請書(OCRシート第1号)
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書

申請書は運輸支局または、自動車検査登録事務所の用紙販売窓口で購入します。

申請書はマークシート式で、赤枠の中を鉛筆で記入します。

手数料納付書は運輸支局または、自動車検査登録事務所で貰えます。

手数料納付書に500円の自動車検査登録印紙(売店で購入)を貼ります。

自動車税申告書は、自動車税事務所で貰えます。

自動車税の納付がなくても、自動車税の申告手続きは必要となります。

相続で自動車の名義を書き換えるのに必要な書類は以上です。

なお自動車の相続と同時にナンバープレートが変更になる場合は、自動車そのものを陸運支局に持ち込まなければなりません。


ローン支払中の自動車を引き継ぐ場合

自動車のローン支払いが残っている途中で相続が発生した場合、遺産分割協議などの相続手続きは必要ありません。

この場合、自動車の所有者は車のディーラー等になっていて、車の使用者の変更手続きをすればよいからです。

相続というのは所有を引き継ぐものであって、使用の引き継ぎは相続ではありませんから、相続手続きとはならなのです。

このような場合の相続による使用者変更手続きは、陸運支局に新使用者の住民票と印鑑等を持っていくだけで大丈夫です。

なお、自動車ローンが完済しているが所有者が車のディーラーの名前のままになっている場合は、所有権解除という手続きをします。

所有権解除を行うと、車の譲渡証明書が発行されます。

そしてこの譲渡証明書と、新しい所有者の住民票、印鑑証明書などを持って陸運支局へ出向いてください。

この場合、相続手続きは何も関係なく、いきなり相続人の一人を新所有者として登録することができます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ