後見の申し立てについて

見人の申し立てとは、家庭裁判所に後見人の申請をすることです。

後見人のうち法定後見人は、家庭裁判所に申し立てをすることによって後見人になることができます。

後見の申し立てをするには、家庭裁判所に必要書類を提出して、審査を受けなければなりません。


必要な書類

後見の申し立てに必要な書類は、以下の通りです。


・申立書(家庭裁判所に備え付け)
・申立事情説明書
・親族関係図,親族の同意書
・本人の財産目録
・本人の収支状況報告書
・後見人等候補者事情説明書
・医師の診断書
・本人と後見人候補者の戸籍謄本
・本人と後見人候補者の住民票
・登記されていないことの証明書(法務局発行)
・知的障害者の場合は障害者手帳
・収入印紙800円
・登記印紙2600円
・郵便切手数千円
・鑑定料(数万円~)

家庭裁判所によって、必要書類は異なることがあります。


家庭裁判所へ事前相談または申し立ての予約

家庭裁判所にはいきなり書類を提出するのではなく、必要書類について事前に相談しておくとよいでしょう。

家庭裁判所によって、必要書類が異なることがあるからです。

東京家庭裁判所の場合は、後見申し立てについて電話で予約をする必要があります。

電話で後見申し立ての予約をしたら、予約日に面接と書類の審査がすぐに行われます。


後見申し立て後の流れ

後見を申し立てたあとは、次のような流れで進んでいきます。

1.家庭裁判所の調査官が調査し、親族へ照会などをする

2.後見を開始すべきかどうか、後見人は適切かどうか裁判官が判断する

3.後見開始が確定すると、裁判所から法務局に後見登記がされる

このような流れで後見が開始されたら、後見の仕事をしながら、家庭裁判所に定期的に状況を報告をします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ