未成年後見人とは何か

成年後見人とは、親権者の死亡等のため未成年者に対し親権を行う者がない場合に選任される後見人のことです。

未成年後見人とは、未成年者(未成年被後見人)の法定代理人であり、未成年者の監護養育、財産管理、契約等の法律行為などを行います。

未成年後見人は、家庭裁判所へ申し立てることによって選任されます。


未成年後見人の選任が必要な事例

未成年後見人の選任が必要な事例でもっとも多いのが、両親の離婚により片親親権となったが、親権を所有した片親が死亡してしまったケースです。

両親ともに死亡してしまって未成年後見人の選任が必要になるケースももちろんありますが、事例としては片親親権者の死亡によることのほうが多いです。

夫婦が離婚すると、親権は必ず片親のみとなります。

そして親権を所有した者が死亡してしまった場合、親権を所有しなかった親に対して、自動的に親権が復活することはありません。

この場合、親権を所有しなかった親は、自分で未成年後見人の申し立てをして、子供の法定代理人になる必要があります。


申し立てに必要な書類

未成年後見の申し立てには、以下の書類が必要になります。


・未成年後見申立書
・収入印紙800円
・予納切手数百円(家庭裁判所によって異なる)
・未成年者の戸籍謄本(全部事項証明書)
・未成年者の住民票又は戸籍附票
・未成年後見人候補者の戸籍謄本(全部事項証明書)
・未成年者に対して親権を行うものがないこと等を証する書面(親権者の死亡の記載された戸籍(除籍,改製原戸籍)の謄本(全部事項証明書)や行方不明の事実を証する書類等)
・未成年者の財産に関する資料(不動産登記事項証明書(未登記の場合は固定資産評価証明書),預貯金及び有価証券の残高が分かる書類(通帳写し,残高証明書等)等)
・利害関係人からの申立ての場合,利害関係を証する資料(親族の場合,戸籍謄本(全部事項証明書)等)

未成年後見人の必要書類を家庭裁判所に提出すると、未成年後見人候補者が、未成年後見人にふさわしいかどうかの面接が行われます。

そして面接の結果、未成年後見人にふさわしいと判定されると、未成年後見人になることができます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ